美容室「COLORS」のアンチエイジングブログ

アンチエイジングのために情報を配信するブログです

*

頭皮からも加齢臭は出るのか

   

kami

加齢臭は、皮脂が酸化することで発生します。つまり、皮脂が出やすい部分は必然的に加齢臭も漂いやすいというわけです。
そういう意味では、頭皮はもっとも重点的にケアしなければならない点でしょう。特に髪の長い女性は、意識して入念に洗髪したいものです。

皮脂は頭皮がもっとも多い!?

人間の身体の部位でもっとも皮脂が多いのは、頭皮です。また、髪に隠れて通気が悪くなる耳の裏も、同様に多量の皮脂が分泌されます。これは、ある程度仕方がないことです。

もちろん食生活を見直す(脂っこい食事を避ける)、運動の習慣をつけるなどの方法で多少皮脂の量を減らすことはできるでしょう。
ただし、これらを自分に義務として課すとたちまち無理が出てきます。最初から規則正しい生活ができれば、まず加齢臭が強くなるはずもないのです。あくまで「生活習慣の改善」という対策は、努力目標としましょう。

そんなことよりも、致し方なく出てくる頭皮の皮脂に対してケアを施すことが大事です。

髪ではなく、頭皮を洗う

女性のみなさんは、髪を洗っても頭皮を洗えていないということがよくあります。

指を優しく這わせて、泡で頭皮をマッサージするように洗うのもとても大事なことです。

ここで注意すべきなのは、あまりガシガシと頭皮を刺激しすぎないことです。
本来必要な量の皮脂が失われると体はそれを危険信号と受け止めて、より多くの皮脂を分泌させてしまいます。結果、加齢臭は強まることに…。同様の理由で、朝シャンもほどほどにしましょう。

おじさん臭くても柿渋は効果的

加齢臭の原因物質であるノネナールは、一度分泌されてしまうと、簡単に洗い流すことはできません。
そうかといってあまり洗いすぎると、上でも触れたように、かえって臭いを強める原因になります。最初から加齢臭に効果のあるシャンプーを使うのが一番です。

柿渋が含まれるシャンプーや石鹸は、やはり加齢臭対策(あるいは予防)を考える上でたいへん効果的です。
「おじさんくさい…」とお嘆きの女性も多いでしょうが、何よりおじさんくさいのはシャンプーなどではなく、ケアを怠ったことで発生する加齢臭なのです。

最近では美肌効果のある女性用の柿渋石鹸も作られています。一度使ってみてはいかがでしょうか?

とりわけ暑い季節には、しかるべき対策をしているかどうかで、臭いがまるで変わってきます。季節を問わず臭わない女でいるために、頭皮のケアは欠かせません。

 - コラム