美容室「COLORS」のアンチエイジングブログ

アンチエイジングのために情報を配信するブログです

*

タバコ・喫煙が加齢臭を加速させる?

   

tabako
「百害あって一利なし」と、昔から言われ続けている煙草。加齢臭の原因を考えたときにも、やはり喫煙はよくありません。女性としての「品位」にも関わる問題と言えます。

煙草の臭い、だけじゃない

それ自体、強烈な臭いを放つのが煙草です。息はもちろんですが、髪や服にもしみついて苦い臭いを放ってしまいます。若い男女が、「おじさんの臭い」「おばさんの臭い」と顔をしかめる加齢臭の正体も、その実煙草の臭いがほとんどということも少なくありません。

ただし喫煙は、それ自体の臭いが強烈という問題以外にも、体内から加齢臭を強める原因ともなるので危険です。煙草の煙は肺に運ばれると、そこで「異物」として認識されることとなります。そのため身体は、活性酸素を作って煙を攻撃しようとするのです。すると体内に活性酸素が増えて、加齢臭の原因物質が次々と酸化し、独特の臭いが強まってしまいます。もともと加齢臭が薄い人でも、喫煙によって臭いが出てくることもあるのです。

抗酸化作用のあるビタミンが壊れる

加齢臭の原因は、皮脂の酸化です。つまり、抗酸化作用のあるビタミンの摂取が、何よりの予防ともなります。しかしせっかく身体に取り込んだビタミンも、喫煙による煙が破壊してしまうのをご存じでしょうか。ダイエットや、その他の美容のために野菜・フルーツを毎日食べていても、煙草を吸っていれば、それはすべて「台無し」となるわけです。

辞めるのは簡単ではないけれど・・・・・

ここまで煙草の及ぼす悪影響を知れば、誰でも禁煙したいと考えることでしょう。

しかし、煙草をやめるのはそうカンタンなことではありません。「もう吸わない!」と心に決めるだけでは、きっと三日坊主に終わるでしょう。

本気で辞めたい方には、禁煙のためにある程度の「お金」や「手間」をかけることをおすすめします。たとえばニコチンパッチをたくさん買って使ったり、定期的に禁煙外来に通ったり。人間、そうしてお金や手間や時間をかけて成し遂げようとする目的を、途中で廃止しようとするのは、「もったいない!」と思うものです。「もったいない」という感情は何よりも強いもので、特に倹約家が多い女性にすれば喫煙の最大の抑止力になるのでは?

煙草の臭い、そして加齢臭はあなただけの問題ではありません。自分が意識しなくても周りに迷惑をかけていますし、そのために思わぬ社会的損失を追うこともあります。

煙草はやはり、いつか、腰を据えてじっくりと辞めていくのに越したことはありません。

禁煙をお考えの方はこちらのサイトを参考にしてみてください。
禁煙の準備 – 禁煙7日前から行う、禁煙のコツを教えます!《準備編》

 - コラム